A Color of Her Own

美しく幸せに生きていくためのヒントを

ハワイでの紫外線予防は帽子と日焼け止めでは足りない

マウイ島で1週間滞在しています。

海は澄んでて綺麗だし、ゴルフ場も気持ちいいのですが、

一つどうしても悩ましい問題がある。

それは日焼け。

毎日帽子をかぶって、

SPF50の日焼け止めを塗っても、

顔がヒリヒリしています。

 

海やビーチ、アスファルト、ゴルフ場の芝からも、

どうやら紫外線が照り返しているようです。

 

首元の巻物や、日傘、長袖もあった方が良かったです。

 

私はアトピー肌なので、赤く腫れてしまい、

毎日アイスノンや氷水で顔を冷やしています。

 

もし、日焼けしてしまった方は、

顔を冷やして、保湿液を塗ると、少し落ち着きますよ。

 

アルコールを飲むと悪化しますので、

注意してくださいね。

 

マウイ島のお土産でおススメのもの

マウイ島って何が名物なの?と行く前はよくわからなかったですが、

来てみるといろんな素敵なお土産が買えることが分かりました。

マウイ島のお土産でおススメをチョイスします!

・マウイ産コーヒー

ハワイといえばコナコーヒーが有名ですが、マウイ島でもコーヒー豆を栽培しています。スーパーに行くといろんな種類のマウイ島コーヒーが売っていて、

選ぶのがとても楽しい!値段は10~16ドルくらいです。

オーガニックなものだと少し高めですが、味はすごく美味しいです。

f:id:wamax:20170714153513j:plain

タロイモチップス

ハワイアンの人たちの主食であるタロイモを薄切りにしたチップス。

写真はHANAにあるHana Farmsで買いました。

あっさりしていて大きくて、普通のポテトチップスとは一味違います。

f:id:wamax:20170714160844j:plain

・ヨガウエア

マウイ島はヨガをする人が多く、

ライセンスを取得する人もいます。

ヨガウエアも種類が豊富です。

私は地味なものを選んでますが、もっと派手なのたくさんありますよ

f:id:wamax:20170714153919j:plain

・水着

マウイ島にはサーフィンをしにくる人がたくさんいるので、オシャレな水着がたくさんあります。しかも日本では見かけないデザインばかり!

f:id:wamax:20170723232213j:plain

f:id:wamax:20170723232226j:plain

(光が映り込んでてよく見えずすみません)

私が買ったのはごく普通の日本人ぽいデザインですが・・・。

f:id:wamax:20170714152544j:plain

 

 

サプリメント

これはマウイ島というよりアメリカのお土産として。

日本では買えないタイプのサプリメントがあります。

例えばこの「メラトニン」。

睡眠導入を助けてくれるサプリです。

ネイチャーメイドのブランドは日本にもありますが、

メラトニンは日本では売っていません。

f:id:wamax:20170714154233j:plain

 

いかがでしたか?

マウイ島には地元スーパーがいくつかあります。

ターゲットやホールフーズなど有名店もいいですが、

ぜひ地元のスーパーものぞいてみてください。

品揃えが違って面白いですよ!

 

 

 

 

 

 

マウイ島のビーチでウミガメに遭遇

マウイ島には小さなビーチがたくさんあります。

Paiaという町(カフルイ空港から東に10分ほど走ったところ)の、

ビーチになんと!ウミガメがいました。

f:id:wamax:20170714132152j:plain

f:id:wamax:20170714132210j:plain

疲れているのか、寝ているようにも見えました。

近くにいた女性が、「このカメは去年もこのビーチに来た」のだそう。

 

f:id:wamax:20170714132230j:plain

人がほとんどいない、静かで美しい海です。

カメものんびりできるわけです。

 

ちなみに、ハワイではウミガメを見ても、

触ったり近づきすぎてはいけないことになっています。

少し距離を置いて、優しく見守ってあげてくださいね。

 

マウイ島のハレアカラ山に自力で行く時のポイント

マウイ島の一番の観光といえばハレアカラ国立公園

標高3000メートルを超す頂上まで車で行けるのが魅力です。

f:id:wamax:20170714073531j:plain

 

自力でレンタカーで遊びに行く人にいくつかポイントをお伝えします!

①日の出を見るには事前予約が必要

2017年2月から、3時~7時までに国立公園に入るには、

事前予約が必要になりました。

これがすぐいっぱいになりなかなか予約がとれません!

前もって日程を決めて予約した方がいいです。

https://www.recreation.gov/

 

②昼間に行けばそれほど寒くない

頂上に行っても、昼間であれば半袖で大丈夫な気温でした。

朝方や夕方以降は長袖が必要だと思いますが、

防寒具はそれほど心配しなくても大丈夫です

 

③山道はくねくねなので酔い止めを!

延々とくねくね道を上るので、乗り物酔いしやすい人は、

薬を持った方がいいです。道は舗装されているし、

車幅も十分あるので運転は難しくありません。

f:id:wamax:20170714073541j:plain

(こんな景色が続きます)

④ビジターセンターに立ち寄ろう

山頂にもトイレがありますが、使えない場合があります!

トイレ休憩は最初のビジターセンターですませておきましょう。

綺麗ですよ。

f:id:wamax:20170714073551j:plain

⑤山頂から自転車でくだるツアーがある。興味のある人は事前予約を!

f:id:wamax:20170714073921j:plain

欧米人には大人気のツアーだそうです。大量の自転車をトラックが山頂まで運び、

人々が山頂からひたすら降りていくようです。

日本語のガイドブックには乗っていないツアーだったので、現地で初めて知りました。

 

⑥昼過ぎくらいまでに行けば霧が少ない

午前中~昼過ぎの山頂には、本当に美しい青い空が広がります。

夜もいいけど、昼間も素晴らしいです。

f:id:wamax:20170714074505j:plain

夕方から夜にかけては、天候が悪いと視界が悪い可能性があります。

⑦入園料25ドルを払うと3日間有効&HANAでも使えます!

アメリカの国立公園の入園料は3日間有効です。

1回しかいかないのに払うのは勿体ない・・・という方に

おススメなのがHANAのオヘオプールに行くことです。

オヘオプールの入園料はハレアカラ山の入場チケットで入れます(ただし3日以内です)!!

 

チケットは捨てずに、HANAへの旅行に持っていきましょう^^

 

ぜひエンジョイしてくださいね!

 

 

 

Airbnbでマウイ島1週間暮らしてみた

マウイ島のPaiaという町のすぐ近くで、

一軒家をエアビーで借りました。

「Gibger Bread house」といいます。

ダブルベッドが1つ、ソファーベッドが1つあるので、

大人3人は泊まれます。

家の中はこんな感じ。

f:id:wamax:20170714070925j:plain

f:id:wamax:20170714070945j:plain

f:id:wamax:20170714070952j:plain

f:id:wamax:20170714070956j:plain

 外にはテーブルもあって、BBQコンロもあります。

風が家の中を吹き抜けて気持ちいい!

長期滞在におすすめです。

 

「大人のための美容本」神崎恵さんを読んで

「大人のための美容本」神崎恵さん


神崎恵さんは、1975年生まれで今年42歳。

若々しい見た目とオシャレなライフスタイルで雑誌でもひっぱりだこですね。

ももうすぐで40歳になるので、神崎さんの美容法を参考にしています。

神崎さんは今まで「甘め」な女性になるための本を書いていましたが、

本書は40歳以上の大人向けの美容情報を載せています。


読んでみてびっくりしたのは、神崎さんもエイジングサインにすごく悩みんでいること。ほうれい線、目が小さくなる、鼻が大きくなる、胸がたれる、しみ、などなど、一般人と同じようにエイジングサインに現れてきていると書かれています。
(たぶん、エイジングのレベルが普通の人とは違うと思うのですが・・・)

そして、そのエイジングサイン一つ一つに徹底抗戦するための、マッサージや化粧品をフル活用する方法が書かれています。はっきり言って地道な努力が必要なものばかりです。神崎さんって本当に努力家なんだな、と思います。

 

本当かどうかわかりませんが

「医療美容にはまだ頼らない」と力強く宣言されています。

美容整形などのリスクについても書かれていて、「安易に手を出すべきではない」というのが今のスタンスだそう。

私は医学の進歩で、医療美容はかなり安全になったものと思っていたので、神崎さんの慎重な見解はとても参考になりました。

(美容整形系のスポンサーをつけていないからできることですよね)

あと、参考になったのが神崎さんのエイジングへの鋭い観察眼。

わずかなエイジングサインも見逃さない姿がすごいです。

例えば辛い中華料理を食べた後に、自分の唇が腫れた姿を見て、

唇のボリュームが年齢と共に失われていたことに気づく、とか。

私だったら「辛かったなー」で終わると思う。確実に。

 

神崎さんは美への執着がすさまじいことが改めて分かる本でした。

 

 

大人のための美容本~10年後も自分の顔を好きでいるために

大人のための美容本~10年後も自分の顔を好きでいるために

 

 

A Color of his Own

amazonの洋書コーナーで見つけたのこの絵本。

日本語だと「私だけの色」というタイトルで有名ですね。

表紙のイラストに心惹かれて、そのまま思わず購入。

部屋に飾っています。

 

f:id:wamax:20170616114324j:plain

 

一匹のカメレオンが、周りの色と同化してしまう自分の身体をなげくのですが、途中で賢いもう一匹のカメレオンに出会うことから、考え方が変わります。

人と自分を比べてしまう人にお勧めの一冊です。

 

A Color of His Own

A Color of His Own