A Color of Her Own

美しく幸せに生きていくためのヒントを

マウイ島の天然プール「ツインフォールズ」で泳ごう!

マウイ島の東側のHANA(ハナ)と呼ばれるエリアは、

人があまり住んでおらず、自然がそのまま残っています。

ハレアカラ山の麓でもあるので、滝が多数存在します。

その中でも有名なのがTwin Falls(ツインフォールズ)。

Hanaエリアに入ってすぐなので、長時間ドライブせずに辿りつけます。

この派手な看板が目印です。

f:id:wamax:20170727184808j:plain

駐車場がありますが、人気スポットなので入れない可能性もあります。

滝で泳ぎたい人は水着を着てから中に入った方がよいですよ。

10分ほど歩くと滝が見えてきます。

f:id:wamax:20170727185125j:plain

f:id:wamax:20170727185210j:plain

この滝はごうごうと水が流れているのですが、

アメリカ人は滝の上から大ジャンプしまくっていました。

因みに監視員はいませんし、飛び込みは一応、禁止されています。

また、ティーンエイジャーと思わしき女子たちが自撮りに夢中でした。

インスタグラムにでも載せるのでしょうか・・・

f:id:wamax:20170727185444j:plain

グラマラスなボディで羨ましい^^:

この天然プールで遊ぶためには特に料金はかかりません。

雨の日の翌日などは水量が多く、より滝の迫力が楽しめるかもしれません。

HANAの奥まで行くのは大変ですが、

ツインフォールズはすぐに辿り着ける滝なのでおススメです!

 

EST インナーアクティベートナリッシングエマルジョン 使用感レポート

ヘアメイクアーティストの長井かおりさんがおススメの保湿剤

「EST インナーアクティベートナリッシングエマルジョン」を購入しました。

ちなみに羽田空港の免税店で買ったところ、5000円と定価より約1000円ほどお安く買えました。

www.kao.co.jp

保湿レベルが1~4まであります。

私は乾燥肌なので4を選んでみました。

4でもテクスチャーはクリームほど重たくありません。

結論としては、「敏感肌の人には向いていない」です。

アトピー肌っぽい人や、敏感肌の人には少し強いようです。

かゆくなってしまいました。

 

肌が強い人にはいいかもしれませんね。

ちなみにこの商品、2017年9月で生産終了するそうです。

リニューアルするのかもしれませんね。

 

マウイ島のビーチにウミガメがたくさん寝てた♡

マウイ島にあるPaiaという町は、サーフィンする人も集まる海がきれいな場所です。

 

朝の7時くらいにビーチに行ってみたら、なんと6匹もウミガメがビーチで寝ていました。可愛すぎる…♡

f:id:wamax:20170723225557j:plain

ウミガメは3メートル以内に近づけないので、よく見えないのですが、

奥の亀は3匹います。

f:id:wamax:20170723225953j:plain

同じ日の13時ごろもう一度同じ場所に行ったら、3匹になっていました。

朝の時間帯に浜辺で休んでいるようです!

ウミガメちゃんをたくさん見たい方は朝の時間がねらい目です^^

 

マウイ島の地元紙が1位に選んだパンケーキのお店は?

ハワイ諸島の中でもマウイ島はショッピングやレストランが少ないと言われています。でも実際に行ってみると、数は確かに少ないですが、美味しいお店はたくさんあります。何といってもアメリカですし、アメリカ人が移住したいと憧れる土地ですからね。

 

そして、ハワイといえばパンケーキ!

マウイ島の地元紙「MAUI TIME」が選んだNO.1は、

「TASTY CRUST」です!

https://www.yelp.co.jp/biz/tasty-crust-restaurant-wailuku

 

f:id:wamax:20170721123235j:plain

f:id:wamax:20170721123244j:plain

 で、実際に行ってみました。

噂のパンケーキはこちら。

見た目はシンプルですが、毎日食べて飽きなさそうな、

親しみがある味です。そして何よりも安い!

パンケーキ1枚2ドルです。

1枚という少量からオーダーできるのも日本人にとってはすごくいいですよね!

f:id:wamax:20170721123644j:plain

 

ちなみにこのお店は「サイメン」も有名です。

スープも麺も見た目あっさりですが、しっかり海の塩?が効いてて美味しいです。

こちらも安くておススメです!

f:id:wamax:20170721123700j:plain

ローカルっぽい大衆食堂ですが、ちゃんとお料理しています。

アメリカに行って「ラーメン」が恋しくなる人にはおススメ。

値段も安くて気軽に行けますよー。

 

 

SPF50の日焼け止めで肌荒れ

ハワイに行くにあたり、紫外線を防止するために、

SPF50の日焼け止めを買いました。

ニベアシリーズなので肌に悪くないかな、と思いました。

 

が、しかし、実際にハワイでゴルフをした際に、

顔が焼けるように熱くなり、

前代未聞の腫れとただれを引き起こしました。

 

ハワイにいたときは、「紫外線アレルギーなのかな?」と思いましたが、

日本で皮膚科に行ったら「SPFの高い日焼け止めのせいでは?」と言われました。

 

日焼け止めに入っている「紫外線吸収剤」は、

紫外線を浴びると、皮膚の上で化学反応を起こすのだそう。

なので、皮膚の弱い人は荒れてしまうようです。

 

安い日焼け止めを買ってしまって後悔しました。

 

皮膚科では「アクセーヌ」のシリーズを勧めています。

SPF値が低くても、こまめに塗りなおせば効果は変わらないのだとか。

 

もう絶対に紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは買わない!!!

マウイ島の空港で切手が買えるところ

マウイ島カフルイ空港で切手を買える場所は、ゲートの中にあります。
セキュリティチェックを受けて、エレベーターを上がったところあります。
こちらのNews Stand.
 

f:id:wamax:20170718085138j:plain

 
ここで、切手が買えます。
で、レジの横にあるBOXがポスト代わり。

f:id:wamax:20170718085251j:plain

「MAIL BOX」と書かれています。

中、丸見えです笑 たぶんお店の人がポストに持って行ってくれるのだと思います。

なので、すぐには到着しないかもしれません。

切手は国際郵便で1ドル25セントでした。

旅先からカードを送るとすごく喜ばれます。

私は海外に行くと必ず両親にハガキを出しています。

ぜひお試しくださいね!

f:id:wamax:20170718085550j:plain

 

リゾートではAirbnbをおススメする理由

今までハワイ島軽井沢宮古島マウイ島、NYでAirbnbを利用しました。

昔はホテルでしたが、今はAirbnbの方が10倍楽しい思っています。

私が経験した中で、おススメする理由をまとめました。

 

①観光客に会わない

リゾートホテルだ近くのショップ、レストラン、ビーチは観光客だらけになります。それがAirbnbは地元住民が暮らすエリアに滞在するので、観光客がほとんどいません。レストランもスーパーも地元の人たちと同じところを利用することになり、土地の暮らしがリアルに体験できます。実際にマウイ島やハワイ島では全然、日本人に会っていません。

 

②必ず何かしら嬉しいサプライズがある

Airbnbで泊まるところは、行ってみないと分からないことが多く、家に着くときはかなりドキドキします。実際に着いてみると、予想外のことがたくさんあります。例えばマウイ島で借りた家には、庭にマンゴーの木があって、毎日ボトボト音をたててマンゴーを落としてくれます。あと、人懐っこい黒猫がいて、近くにすり寄ってきます。

ワイ島で借りた家にはアボカドの木があって、これも毎日収穫しておかずにできたし、家に突然犬が遊びにきたこともあります。ホテルでは起こりえないサプライズがたくさんあるのです。

f:id:wamax:20170716054501j:plain

③家で過ごすことも「旅の目的」になる

ホテルだと「外に出かける」ことが目的になるけれと、

Airbnbだと家にいることが「冒険」。アメリカ人の使うキッチン、お皿、ベッド、リネン、洗濯機などなど、日本と全く違います。

f:id:wamax:20170716054621j:plain

(すごい汚れがよく落ちる洗濯機とふわっふわになる乾燥機)

④東京で住めないような広い家に住める

Airbnbの物件はピンキリで、中にはプール付きで部屋がいくつもある大豪邸もあります。自分では買えないような家に住むことができるのもメリットです

f:id:wamax:20170716054454j:plain

(今回借りたお家。古いけど2階のベッドルームが素晴らしかった)

以上、いかがでしたでしょうか。

新しいリゾートの楽しみ方をぜひお試しください。